なんたんの花ごよみ ~自然の中のカラフルな色どりを集めました~

グルメ&観光

花暦(はなごよみ)とは
いろいろな植物を花期の順に書並べた暦のこと。季節の変化に伴う植物の変化を総称して植物季節というが、その一部といえる。植物の開花期は地域によって異なるので、花暦にあげる花の名もまたさまざまであるし、同じ花が2ヵ月にわたったりもする。

花暦(はなごよみ)とは? 意味や使い方 – コトバンク (kotobank.jp)

移住をする前に、南丹市も含めて他の市町村のチラシやパンフレットを見ました。
そしてこのサイトの移住関連の記事を考えるときにも参考にさせていただいています。
その際によく「自然が豊か」というキーワードが記載されています。
南丹市は総面積の88%が森林のため(京都府内TOP)、「自然が豊か」なのは間違いありません。なお、京都市は73.6%、最小は久御山町の1.4%1です。

そんな森林に恵まれた南丹市ですが、この記事はカラフルな色どりの自然が豊かな場所を紹介します。なお、管理人は花に対する造詣はありません。感じたままの感想を記載していますのでご了承ください。

  1. 京都府林業統計 令和5年版/京都府ホームページ ↩︎
管理人
管理人

記事を掲載(2024年7月4日)時点では
・4~7月は実際に訪問して、写真をアップしています。
・8~3月は新聞記事などを参考に訪問予定の場所を記載し、順次更改します。

スポンサーリンク

4月(卯月)

桜(南丹市内各地)

ユキヤナギ(八木町 池上院)

京都府南丹市八木町の池上院のユキヤナギを撮影撮影日:2024年4月10日
2024年4月10日撮影
管理人
管理人

当初、花見の予定で訪問しました。ピンクと白のコントラストが素敵な場所です。
偶然にドローン撮影をしている方とお会いして、名刺交換しました。
YouTubeでご覧いただけるので共有します。

シバザクラ(園部町 ものづくり団地 京都新光悦村)

京都府南丹市園部町の京都新光悦村のシバザクラを撮影撮影日:2024年4月18日
2024年4月18日撮影
管理人
管理人

桜の終わりの頃、見事な咲きっぷりに驚きました。写真だと伝わらないのがもどかしいです。
シバザクラを植栽している場所は他にもありますが、一度ご覧になっていただきたいです。

数日後に京都新聞の記事になっていました。柵があるのがちょっと残念です。

牡丹(八木町 龍興寺)

京都府南丹市八木町の龍興寺の牡丹を撮影撮影日:2024年4月18日
2024年4月18日撮影
管理人
管理人

「咲き乱れる」とかいった類の場所ではありませんが、見事な大輪を咲かせていました。
城山(八木城跡)の登山口に近いので、下山後に立ち寄るのもおススメです。

コバノミツバツツジ(日吉町 天若湖周辺)

こぶし(美山町内各地の山)

管理人
管理人

「コバノミツバツツジ」も「こぶし」も車を運転しながら探していたのですが、発見できず。
多分、「見たけど、花と認識できていない」可能性が高いです。花に対する造詣がないことが露呈してます。
一旦、紹介サイトのリンクを貼らしていただいて、来年にリベンジ(撮影)します。

5月(皐月)

山つつじ(園部町 ポテポテパーク)

京都新聞(’24.5.2記事)

管理人
管理人

こちらもポテポテパークを散策してみましたが、紹介したくなるものは見当たらず・・・
また地元の方からも「最近は元気がなくなった(=花が咲かない)」と伺っていたので、新聞記事を見て、驚きました。こちらも来年にリベンジです。

芍薬(しゃくやく)&カルミア(八木町 龍興寺)

京都府南丹市八木町の龍興寺の芍薬を撮影撮影日:2024年5月16日
2024年5月16日撮影
京都府南丹市八木町の龍興寺のカルミアを撮影撮影日:2024年5月16日
2024年5月16日撮影
管理人
管理人

住職がお手入れをされているタイミングで、説法を伺うことができました。
芍薬は柔らかな風香がします。また色によっても異なることに驚きました。
カルミアは数年来の良い出来栄えだそうで、誇らしげに語られていたのが印象的でした。

しゃくなげ(美山町 芦生原生林)

管理人
管理人

「芦生研究林への入林には申請が必要。」とあったので、腰が引けました。
来年は申請して入林してみたいと思います。

ベニバナヤマシャクヤク(美山町内久保)

京都府南丹市美山町の内久保地区のベニバナヤマシャクヤクを撮影撮影日:2024年5月26日
2024年5月26日撮影

京都新聞(’24.5.23記事)

管理人
管理人

年に2回(春・秋)の限られた期間のみ鑑賞することができます。
杉林に群生しているので、運動靴を推奨します。ヒルがいるので、長袖/長ズボン/帽子等もあったほうがいいですね(ヒル忌避剤をかけてくれます)

6月(水無月)

ささゆり&ヤマアジサイ(日吉町 あたご山野草苑)

2024年6月11日撮影
2024年6月11日撮影

京都新聞(’24.6.14記事) 

管理人
管理人

「ささゆり」には人を引き寄せる魅力があるんですね。
お伺いした日に大阪からわざわざささゆり鑑賞にいらしている方とお話しすることができました。またヤマアジサイなる品種を初めて知りました。

7月(文月)

沙羅(さら)の花(八木町 瑞雲寺)

2024年7月2日撮影

京都新聞(’24.6.21記事) 

KCNなんたん(’23.6.24ニュース)

管理人
管理人

当初6月22日に訪問したのですが、一輪のみだった7月2日にリベンジ訪問でした。
大分、散っていたので遅かったのでしょうか⁉まだつぼみもあったような気もします。

紫陽花(園部町 教伝寺)

2024年7月2日撮影
管理人
管理人

国道9号線沿いからも見ることができます。
日本の梅雨を彩るといえば紫陽花(アジサイ)です。2024年は梅雨らしい雨が降っているためか、紫陽花も元気に咲いています。ヤマアジサイと比較すると、少し遅めの時期です。

8月(葉月)

管理人
管理人

2024年7月時点では8月に見頃を迎える花に見当がついていません。
もしご存知の方がいれば教えてください。

9月(長月)

彼岸花(南丹市各地の田んぼの畦道)

10月(神無月)

コスモス(南丹市各地の田んぼ脇の草地)

ベニバナヤマシャクヤク(美山町内久保)

11月(霜月)

紅葉(園部町 龍穏寺)

2024年5月15日撮影

紅葉(八木町 西光寺)

2024年5月16日撮影

紅葉(八木町 池上院)

12月(師走)

管理人
管理人

2024年7月時点では12月に見頃を迎える花に見当がついていません。
もしご存知の方がいれば教えてください。

1月(睦月)

臘梅(八木町 龍興寺)

2月(如月)

梅(八木町 龍興寺)

2024年4月18日撮影

3月(弥生)

ハクモクレン(八木町 如城寺)

2024年4月18日撮影
タイトルとURLをコピーしました